プロフィール
株式会社NABE Consulting
株式会社NABE Consulting
株式会社 NABE Consulting 代表取締役
 コンサルティング事業部
 建築事業部



株式会社 九州電話通信機 代表取締役
 ドコモ事業部
 インテリア事業部

各社コンサルティングからドコモショップ経営、ネットでインテリア販売。
年齢に似合わず、色んな分野に進出中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2005年11月29日

この時期になると思い出す

C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2005が始まる時期になった。

この時期になると、5年前の最後のビックサイト講演が思いおこされる。

今度の病気の前兆は9月ぐらいから始まっていたが、進行が除々であった。
スケジュールは早めに決まるので、講演OKを出していた。
所が、病気の進行が進み60分立ったままでの講演は出来るか不安である。
東京に行くにも、安全のため杖を購入。杖をついて東京支社に行ったら皆さん、びっくりされていた。

前日にビックサイト会場に入り、会場に下見でやはり不安である。
急遽、止まり木的な椅子を探し出し一安心。

実際、講演を始めると気合いが入り、とうとう立ったまま喋ることが出来た。しかし、これが最後であった。

ビックサイトでは合計3回ほど講演したが、さすがに気分が良い。
その内の一回は、前日呑みに行った銀座のママさんを写真班として招待し顰蹙をかったこともあったっけ。

やはり、喋るときは両足で立ち、アクションを入れながらでないと気合いが入らないし、内容も伝わらない。

さ〜、今日もリハビリ頑張ろう〜と。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 11:48Comments(0)いろいろ

2005年11月27日

断る勇気

土曜日は、月一回の定期検診である。

眼底検査をするため、瞳孔を開いて検査。半年ぶりだが、変化なしだった。
HbA1cも下がっていた。

医者と数値を見ながら懇談した。

「よく頑張りましたね!」      「特には頑張ってないんですが?」
「何か生活変化が有るでしょう?」  「休肝日の設定ができました」
「それですよ! 数値に出ている!!」

てな訳で、休肝日設定が効果があったみたいである。

週1〜2回は休肝日を作らないと、肝臓やられますよと随分言われていた。

しかし、現役時代は3連ちゃん〜5連ちゃんでの飲み会はざらであった。
365日、抜歯をした時以外は毎晩呑んでいた。

入院していたときでも病院内では禁酒なので、非常階段で(院外)ビール呑んでいた。

禁煙も2年2ヶ月経過した。
禁酒とは言わず、休肝日の設定は出来るだろう。たまたま、南小国の整体に行くようになってから、その日は禁酒である。

3ヶ月続けたら、何とはなく休肝日が当たり前になってきた。

冒頭の病院の先生曰く。好きなことを誘われ、それを断ることが出来たとき、健康の第一歩が始まるそうだ。

健康増進に向けて頑張りましょう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 09:49Comments(0)いろいろ

2005年11月25日

珠莉ちゃんの靴

18431.jpgまもなく珠莉(孫)ちゃんの誕生日である。

前職は靴屋さんに勤めていたので、おじいちゃんからのプレゼントは靴と決まっていた。
初めての女の子なので、ピンクの靴を買った。かわいいね〜。

自分の子供の時、買ってやったかどうかは定かではない。

今は、伝い歩きをするぐらいだが、すぐに歩くであろう。
最初は、靴に違和感を生じて変な感じになる。靴を放り出すような歩きをする物である。

先般、座ってから立ち上がる動作を観察した。現時点で僕よりも上手に出来ている。

子供は教えなくても何となく身につける物である。

自分のように一度歩かなくなると、これを習得するには相当勉強しないといけない。正に、頭で考え、足に指に指令をだしその通りに動いているかの確認が必要である。

足の指が自由に動けば結構上手に立ち上がれる。

さ〜、珠莉ちゃんと歩みの競争だ!! 俺もNBの新品をおろそう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 16:08Comments(0)いろいろ

2005年11月24日

耐震偽造問題

いま耐震偽造でマンション、ホテル業界は大騒ぎである。

補償はどうなるのとなると、責任のなすりあいだが、今朝のみのもんたの朝ズバッでは、ヒューザーの小嶋社長が出席し、明快な回答をしていた。

ホテル非難は7千円までだったが、それ以上の場合領収書を会社に送れ、7棟の立て替えは50億円、買い戻しは150億円だが、一ヶ月を目処に買い戻し応じられるよう私財もなげうつそうだ。

こんな話しであれば、こんなに問題はこじれないと思うのだが、本当にそうなるのかな〜という気がした。みのさんの気迫に押されたという感じだ。

私も昔耐震問題で苦慮したことがある。

現役の頃、3億円で中古倉庫を取得した。この倉庫の使用方法で社内はすったもんだし、やっとこさで皆さんの意見集約しゴーサインが出た。それに伴う改修工事、付帯設備投資も短時間でまとめ、取締役会での了解まで取った。所が、いざ改修工事の段階で、耐震強度不足が明らかになった。
この時、初めて耐震強度計算なる物を耳にした。

またまた追加補強工事で追加予算が必要になり、頭が痛い状況が続いたが、これは案外とすんなり了承された。

倉庫レベルでの補強工事は比較的に簡単であった。見た目もあまり気にしなくて良い。

マンション等の補修工事はどうすのであろうか?

やはり、立て替えた方が良いのであろう。
品物がすむのと、人間が住むのでは、補修方法が全然違うのであろうから。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 08:40Comments(0)四季こもごも

2005年11月20日

紅葉狩り

18181.jpg今日は天気が良かったので、久しぶりに紅葉狩り兼温泉に行ってきた。

日田から大山に入ったところである。

写真は、露天風呂から見た景色である。

こんな近場で、こんなポイントがあるとは知らなかった。
今年で、オープン3周年である。
風呂は温泉で、600円。食事もリーズナブルな価格であった。

焼酎を1杯お願いしたら、200円でコップに満杯。通常の4杯分は十分ある。お陰で、すぐには帰れなかった。

皆さん、あちこちの観光スポットに行ったのであろう、途中の道の駅はどこも駐車場は満員であった。

最近の朝晩の冷え込みで、紅葉もグーと進んできた。

杖立温泉から松原湖畔もすごく綺麗である。

皆さんも時間があれば行かれたら如何、今が見頃です。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 16:32Comments(0)いろいろ

2005年11月18日

医者巡り

最近は医者巡りである。

北野町に眼科がオープンした。

お祝いの如く、ものもらいになった。
小学生以来、記憶にない。
折角の眼科オープン記念に行った。

結構、ころころしたり、腫れぼったりしているので、針でさして膿を出すことにした。確認したら、麻酔をするので痛くないと言う。

麻酔の目薬をしたが、余り効き目はない。針も一種類敷かなく結構でかい。

やはり過敏な所なので痛かった。

来週は、定期検診で瞳孔を開いてからの検査もある。

歯の治療も大変だが、目の場合は動くので敏感である。

最近は、何かにつけて病院に行くケースが多い。昨年度も確定申告で医療費控除をした。今年も昨年以上の金額になっている。
やはり医療費は上がっているのであろう。

若かりし頃は、文化街(飲み屋さんのあるところ)で金を使っていた。
今は、医師会、歯科医師会の会員の方に、せっせとお金を使っている。

もっと医療費を安くして〜。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 15:32Comments(0)いろいろ

2005年11月17日

血圧が消えた!!

リハビリをする前は、必ず血圧を測る。

血圧が高いと、激しい運動をすると危ないのである。

一般の病院にある腕を入れて測る血圧計は往々にして高く出る。
今日も199 108である。下が100以上は芳しくない。上もそうだが。
今日の下は除夜の鐘でしたとか、警察です(110)、満点です(100)と高く表示される。

ちょっと時間をおいて、電池式の腕に巻いて測る分では、140−85程度に落ち着くのである。

今日は運動をして、さあ〜どれ位にさがっているかな?と期待して測り始めた。

順調に数値が上げっていき、200ぐらいになったら、ななんと血圧が消えた!!。血圧がないとは死んだことなのだ。

おれは死んじまったのか!!とびっくりして、思わず心臓が動いているか確認した。確かに動いていた。まずは一安心。

それでも血圧数値が出ない。何でだろう?

実は電池切れでした。タイミング良く腕を締め付け、数値が最高値になったところで電池が切れたらしい。

人騒がせな血圧計である。しばらくしても脈は90あった。

余り機械は信じないようにしよう。血圧に良くない!!  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 12:54Comments(0)いろいろ

2005年11月17日

無線ICタグで交通安全

NTTデータ等の五社で無線ICタグを利用した交通安全サービスの実験を始めるそうだ。

無線ICタグを子供に持たせ、危険な交差点の電柱に受信機を取り付け、受信データをインターネットで取り込む。
車に搭載した専用機に近くに子供がいることを知らせるらしい。

自分も車に乗るが、学校近くの見通しの悪い交差点では、良く飛び出しに遭う。
はねるまでは行かないが、接触は度々あった。

いわゆる悪ガキは車なんか毛頭考えていない。危ないと叱ると、あかんべーで走って逃げる。この野郎と思ったことは多数有る。
はねてしまえばこちらが悪い。こんな知っている交差点は注意して走るが、初めての所は怖い。

先般は、子供ではなく、お婆さんが運転するバイクが飛び出してきて接触した。小学生、70歳以上の老人等に是非つけて欲しいものである。

全国各地に設置するには相当なコストがかかるであろう。

ICタグはバーコードに代わり、流通関係で沢山使われるようになってきた。
交通安全等の別な分野での応用は結構なことだ。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 08:34Comments(0)四季こもごも

2005年11月16日

社会保険事務所訪問

今日、年金申請に社会保険事務所を訪問した。

過去には、障害者年金を申請するとき等を含め3回訪問している。

最近の社会保険庁の問題もあり、今回はじっくりと観察をした。

過去の3回とも担当窓口の方は、比較的親切であったが、お年寄りの担当者はちょっと横柄な所があり、気分を害した所もあった。

今日の担当者で男性は皆若い方であった。

私の担当は女性で年配の方である。大丈夫かなとおっかなびっくりでの対応だったが、これがなかなか立派な方であった。

往々にして、なんくせを付けたり、こちらの言うままに書類を作るのだが、彼女は違っていた。
如何に、私が有利になるのかを徹底的に考えてくれた。

来月で障害者年金が切れるので老齢年金を申請したのだが、税金とかトータル的に考えるとどちらが得かは解らない。少々の差なら非課税の障害者年金を奨めてくれた。仮に再申請で認可できない場合は、すぐに老齢年金に切り替えてあげるよと書類を書き始めた。

色んな話しをする内に、彼女がビビビと閃き、六法全書みたいな物を持ってきた。そこには、身障者3級以上の特例措置が書かれているではないか!!。気がつかねばそのままでもあるし、前回の担当者は気がついてないのか知らなかったのか、僕には教えてくれなかった。

その他、追加支給の可能性のある項目も教えてくれた。

担当者で支給額が変わるのもおかしいが、全ての担当者が年金関係の全ての事項を理解しているとは思えない。

特殊事項があれば、しつこく質問することをお勧めする。

今日はすすがしい公務員の対応で、気分が良かった。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 15:08Comments(0)いろいろ

2005年11月16日

リハビリ

最近、リハビリでの時間が長くなってきた。

僕の行っているところは、田舎にあるので皆さん特に早い。
又、年寄りが多いので特に早い。皆さん、開店に並ぶが如しである。

今年は、今まで結構暖かかったので、元気に早めに来る。これも地球温暖化の現象か?
そんなわけで、今日は朝から事務処理を済ませて10時過ぎに行ってみることにする。

南小国の整体士さんも風邪をひきしばらくダウンしていた。
他人を治療できるパワーはあるが、自分には出来ないそうである。
ダウンしている間、行けなかったので、やはり体が重かった。

歩行障害があると、どうしても運動不足になる。
最近、太り気味なのでダイエットしなければと思っている。
先日、一年ぶりに逢った人は、顔が丸くなっているとびっくりしていた。

一区切り着いたので、さー リハビリで頑張ってこよう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 09:20Comments(0)いろいろ

2005年11月14日

法事

母の三回忌の法要をおこなってきた。

無くなってからは、初盆、一周忌、三回忌と立て続けである。
ここまでで、一段落である。
命日は、クリスマスイブだが、年末は忙しいのと、寒くなるので早めにすることにした。

父の命日はひな祭りなのでこれも覚えやすい。

両親が亡くなり、実家を守っていた姉も入院中でなかなか大変である。

今回も、当日に帰っての法要であったが、信心深かった母が仏壇関係を取り仕切っていたので、色々とチョンボもやってしまった。

そのお陰で、お経のあと、仏壇とは、浄土とは、・・・等々のお話しを聞くことが出来た。

親戚一同が集まり、食事をしたが、男性はなんと自分と甥二人の計3人。
自分の家系は女系だとは知っていたが、現実を見るとびっくりする。
実際には、男性はいるのだが、遠く離れてとか、病気中とかである。

正に、女性は強い。残された男性陣は踏ん張らねばならない。

12月には、家内の父の25回忌、来年は姉の一周忌、初盆と法事は続く。

法事はする側は大変だが、久しぶりの親戚の方々と会えて楽しい。

される側には早すぎるので、もう一踏ん張り!!  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 13:03Comments(0)いろいろ

2005年11月11日

スパイウエアー

スパイウエアーで初の摘発者が出た。

我々が、昔、コンピュータをやっていた頃は、ハードウエアー、ソフトウエアーが主流で、如何に高額なハードを上手く使いこなすかのソフト開発が主であった。

その後、ハードも安くなり、みんなが使えるようになって、これを上手に使いこなすのは人間だという意味での、ヒューマンウエアーへの展開となった。

パソコンの普及、通信の普及、インターネットの普及と色んな角度から、安価で自由にIT技術が発展してきた。

今度は、如何に気づかれずに他人の情報を盗むか、スパイウエアーである。

いつの世の中でも、悪い奴らはいる。メールとかCD−ROMで他のコンピュータに忍び込み、色んな情報を盗み出すのである。

インターネットバンキング関係で、一千万円強が明らかになったが、これは氷山の一角であろう。

スパイが入らないようなセキュリティ、入ってもこれを感知できるシステム、これらが動作したときに防止するシステム等々、正に情報戦争のようだ。

貴方の会社のセキュリティは大丈夫かな?  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 11:22Comments(0)四季こもごも

2005年11月10日

砂糖から触媒

バイオディーゼル燃料作成の触媒に砂糖から作ることに成功したそうだ。

軽油に変わる代替燃料として期待されているBDFだが、この触媒は安価な上に製造方法も簡単で大量に作れるらしい。

地球の温暖化対策としての二酸化炭素削減に、色んな方面からの研究発表が相次いでいる。

バイオの世界の発展はめざましい。

この辺りは、昔の人間としては正に漫画の世界である。

戦時中の木炭自動車に比べると、相当にかっこが良い。

正に、自動車が砂糖や芋(でんぷん)や天ぷら油で走るのである。
創造するとおかしい。まるぶくれの親爺さんがころころと走っている感じ。

自動車が糖尿病にならないように気をつけねば???  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 15:27Comments(0)いろいろ

2005年11月09日

今年は豊作

17739.jpg今年のみかんは豊作かな?

わが家のみかんが豊作なので、きっとどこも沢山獲れているのであろう。
一般的に、自分所で沢山獲れるときは、豊作である。

今年は久しぶりに花壇の片隅で家庭菜園を開始し、トマト、キューリから始まり、カボス、みかんで締めくくりである。

それにしても、今年のみかんは大量になっている。

実家は昔、みかん農家であった。
大変の割には売上は少なく、両親がいつもぼやいていたのを思い出す。

自家消費分を残して伐採したのが十数年前。昨年はこの分まで全て伐採した。管理が出来なくなったのである。
キチッと予防をしないと、一本に着いた虫が他のみかん農家の木に迷惑をかけるのである。

よって、たった一本残ったのは久留米の一本のみである。

孫達を呼んでみかん狩りをさせよう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 12:44Comments(0)いろいろ

2005年11月08日

食用油から軽油生成

今日,さるところで食用油から軽油を生成し活用している話しを聞いた。

軽油は石油からしか出来ない物とばかり思っていた。

そんな話を聞いて、日経産業新聞を見ていたら、2種類の記事を発見!!

一つは、京都の第三セクターで酸化カルシュウム触媒を使って100gの天ぷら油より90gの軽油が理論上出来るらしい。

もう一つは、北海道のリサイクル業では廃食油から作ったバイオディゼル燃料(BDF)が実用化されているそうだ。北海道では寒さで凍結するそうでそれを防止するのに冬場は軽油を混合している。この軽油の税金軽減の経済特区を申請しているそうだ。

最近の原油の高騰による油代の高騰、地球温暖化防止のためのCo2削減の両方に効果がある。

リサイクル、エコロジー等のかけ声は良く聞く。
具体的に、こんな方法で代替エネルギーが出来るのは大変喜ばしい事だ。

先般、車検をしたら車のリサイクル用の税金を取られた。
さるテレビでは、日本の中古車は海外に相当数輸出されている。この時のリサイクル税金はどこに行っているのでしょう。

以前勤めていた会社もリサイクル法で結構な金額を納税している。

税金の有効利用と、エコロジーに関するバックアップを切に望む次第。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 20:08Comments(0)その他、何でもかんでも

2005年11月07日

アマからプロ棋士へ

61年ぶりにアマからプロ棋士が誕生した。

瀬川新四段である。全くの快挙で感動物である。

将棋の世界は、奨励会に所属し26歳までに四段になっていないとプロにはなれない。
確かに、碁とか将棋は若い、脳みその柔らかい内に鍛えないと大成しない。

瀬川さんは大器晩成型であろう。

これで、はじめてプロ棋士としての起業が出来たわけだ。

我々レベルは、比較的に簡単に起業が出来る。しかし成功する方は少ない。
これはやはり、プロとして通用する何かを持ち合わせているかどうかが鍵であろう。

瀬川さんなんかは、吉田雅紀氏が言っているスキ飯の代表みたいであろう。

最近の娯楽ニュースでは、くだらないHGや、狂言師がプロレスをやったとか、このままでは日本はどうなるのか心配だが、その中に一服の清涼剤であった。

日本将棋連盟に敬意を表したい。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 11:39Comments(0)四季こもごも

2005年11月06日

保険の達人

金曜日にRKBで保険の達人というテレビ番組を見た。

久しぶりに、参考になるテレビ番組であった。

自分も保険には色んな種類入っている。

自動車は4台とも私の名義で任意保険に加入している。幸い加害者になることは無いが、家内、息子、娘と追突事故に巻き込まれた。
最悪は、息子の場合で、物損の示談まではしたが、支払われずに逃走された。

この3件とも自車の搭乗者保険が支払われた。最初に任意保険は被害者用と思っていたが、運転手も被害者だそうである。

そんな意味で、色んな保険の場合、内容をキチッとしていないと意味がないケースがある。

火災保険も通常分しか加入していなかったが、福岡西方沖地震で震度5弱を経験したので慌てて地震保険、自然災害保険に追加加入した。
保険金は倍増になった。

ガン保険、交通傷害保険等も入っているが内容を確認しなければならない。

テレビの中で、クイズ形式で保険金が支払われるかどうかがあったが、3割は間違っていたのでびっくりした。

起業して2年になるが、会社として色んな保険を検討する必要がある。

最初は、業務、仕事ばっかりが頭の中では一杯だが、急に社長が倒れたらどうなるの、最悪死んだらどうなるのと考えておく必要がある。

経営者としての最低の保障は考えておく必要があるであろう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 10:17Comments(0)いろいろ

2005年11月04日

ネット選挙解禁へ

来年の法改正でネットでの選挙運動が解禁されるそうだ。

この前の選挙で解禁されていたら、堀江モンは当選したかも知れない。

日本の場合、新しい物への対応は非常に悪いし遅い。
外圧がかかると、すぐに実行する。

IT化が一番遅れているのも官公庁だし、相も変わらずまだまだ紙文化である。

本人確認、認証のシステムが色んな形で進んできている。
選挙運動をネットで可能にしたあとは、投票とかに展開できないであろうか? 住基ネットも賛否あるが殆ど使用されていない。

国政、地方も含め、選挙をするとすごい金額がかかる。大阪市長みたいに自分の信任投票をしようとしていたり、した自治体も結構ある。
この辺りも、うまくIT化を進めれば、経費削減(全国ですごい金額)が図れるのであろうか。

選挙の度に思うのだが、つまらない選挙公報を読まされる。
もっと、解りやすく、カラフルで見やすい広報とかマニフェストが見たい物である。

もっともっと、色んな形の行政改革を積極的に進めて貰いたい物である。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 12:08Comments(0)その他、何でもかんでも

2005年11月02日

東証システムダウンに思う

昨日、午前中3時間もシステムダウンした。

僕も大口買おうと思っていたのが買えなかった。これは嘘で、おばちゃんのインタビューがあっていた。

ハードは東陽町で要塞みたいなところにあるのは見たことがある。危機管理としてのハードレベルでは完璧だな〜と思ったものだ。

今回はソフトが原因らしいが、3時間もダウンするのはお恥ずかしい。

当然、デバックも十分しているかとは思うが、システム改善の時の危機管理がなっていない気がする。当然、膨大なシステムだから大変だとは思うが、
だから、本番切り替え後のダウンは許されない。

少なくとも、すぐにでも前のシステムでの運用で回避できるような対策が必要ではないか。

自分も昔はメインフレームの基幹系に携わっていた者だが、ハードでもソフトでもシステムダウンは許せない。全社員が仕事が出来ない状態になる。

東証あたりになると、全国レベル、どうかすれば世界レベルで迷惑をかける事になる。

小さな会社での情報システム関係の危機管理システムは大丈夫であろうか?
個人情報管理等データの管理は最近進んでいるが、システムダウン対策は出来ているかな? 地震対策、自然災害対策、停電対策・・・・・

本当に怖い物だ。

いま担当でなくて良かった!!  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 11:29Comments(0)四季こもごも

2005年11月01日

焼酎

今日の日経新聞第二部は焼酎である。

最近の焼酎は、非常にまろやかになった。
自分は、米焼酎を晩酌しているが、息子、娘は芋焼酎である。昨晩も伊佐美を呑んでいたが、私はダメである。

最近は若い娘が芋焼酎が好きとか言っている。先日、娘達が東京に行って芋焼酎好きと言ったら笑われたそうな。

昔は、焼酎と言えば田舎のおっさんの飲み物だった。自分の父も朝から焼酎を引っかけていた。怒られるから隠れての一気のみである。臭いがするのですぐにばれていた。
そう言えば、食堂には案外焼酎は置いていない。それで、酒屋を探して角打ちならぬ焼酎の一気のみをした父を思い出す。それ以来、どこに行ってもまずは酒屋を探したモンだ。

僕は、その臭いが嫌いで焼酎は飲んでいなかった。しかし、現役の頃、熊本工場をサポートするときに、勉強しなさいと米焼酎を渡され、それからである。

現在は、糖尿の気もあるので、好んで焼酎を飲んでいる。低カロリーで糖質もない。しかし飲み過ぎると血糖値は上がる。

なんでもほどほどがベターである。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 11:28Comments(0)いろいろ