プロフィール
株式会社NABE Consulting
株式会社NABE Consulting
株式会社 NABE Consulting 代表取締役
 コンサルティング事業部
 建築事業部



株式会社 九州電話通信機 代表取締役
 ドコモ事業部
 インテリア事業部

各社コンサルティングからドコモショップ経営、ネットでインテリア販売。
年齢に似合わず、色んな分野に進出中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2006年02月28日

レーザー距離計

ニコンが携帯型のレーザー距離計を発売した。

1200ヤードまで測定が可能で、誤差が0.5ヤードだそうだ。

ゴルフの規則裁定集が改訂され、ローカルルールを設定すれば、ゴルファーは距離のみを測定出来る機器を使用できるようになった。

ゴルフ場に行って、上手なキャディさんは距離をキチッと読んでくれる。

しかし、しかしだ、腕が伴わないとこれも何の意味もない。

昔、元気な頃は、キャディさんのいない所や、マンデーで安いところに行ったものである。

こんな時に、距離計があれば非常に便利である。

ゴルフ場によると、GPS端末をカートに積んで距離を測定できるのもある。

これはカートからの位置なので、皆さん揃わない。

自分のボール単位で、距離が測定できると非常に便利である。

結構、新たな需要を見込んでいるようだ。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 08:48Comments(0)いろいろ

2006年02月25日

ICタグ実証実験

ICタグの実証実験は色んな面で行われている。

今までのバーコードに代わる面では、POSレジにとか物流面での入出庫、在庫管理面がある。

また、色んな面でのトレーサビリティでは実用化している。

POSレジでは、レジ台に置くだけで(2〜3秒)全商品の値段を読み取る装置まで出来ている。
しかし、読み取り装置の設備投資より、商品につけるICタグの方が高価過ぎて実用化には至っていない。

今週の日経ビジネスには、ICタグをマーケティングに使った実証実験が載っていた。

DVDの販売で、棚への陳列ではどうか、お客が手にする回数と購買する確立はどうかを調査するのである。

商品の陳列棚にアンテナを取付、どの商品がどれだけ顧客の手に取られたかをデータとして把握する。

この実験では、一番顧客の手がでるのは、6段ある中で上から4段目である。
平均7.9回、手に取られるとこの商品は売れる。
頻繁に商品の陳列場所移動すれば、顧客の心を掴む。

今までは、勘、こつ、経験で棚割、陳列をやっていたが、面白いマーケティングの武器になりそうだ。

別な面でも、応用が利きそうな気がする。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 14:33Comments(0)四季こもごも

2006年02月23日

時間の怪

オリンピックのために、夜中に起きることがある。

始まって三日目だったかな? 500mある時にAM2時頃起きた。

我が家には、テレビの上にデジタル時計がある。デジタルと言っても通常電源を使い、表示は数字を書いてある札がペラペラとめくれるやつである。

ふと時計を見ると1:10である。テレビは2:10。もう一つの掛け時計は2:10である。
途中、何らかの理由で停電になったのであろうと思った。

所が、翌朝見ると正しくなっている。家族に確認したが誰も何もしていない。自分の勘違いかなと思った。

所がフィギィアースケートを見るために、AM2時50分に起きた。
何と時計は1:50となっている。
これは奇怪な!! この時計には2時台はないのかと観察を始めた。

やがて3時になると、一気に3:00となった。
何のことはない、2の札が3にくっついていたのである。

今日は、昼間に観察した。昼間は何ともない。夜だけである。

テレビの上なので、温度、湿度の関係でめくりにくくなるのであろう。

それにしても、夜は必ずなるとは、不気味でもある。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 14:35Comments(0)いろいろ

2006年02月21日

自治委員終了

やっと3月で自治委員が終了する。

色んな呼び名がある。我々の所はとなり組である。

市報の配布とか会費の徴収がメインである。

現在の所に引っ越して7年経過するが、昨年久留米市と合併した。

前の住所は久留米市でここでも自治委員を経験した。

所が、今回はお金を支給されたのである。名目は、地域行政情報伝達業務委託料という長い名目である。

市全体から見ると、すごい金額になると思う。

地方自治体はそんなに黒字では無いはずだが、こんな金をばらまいて大丈夫なんだろうか?

昔から、自治委員は輪番制でボランティアが原則であった。

最近は、金を支払わないとお世話をしないと言うことなのか!

今はもう無いが、私の実家の隣組は、税金とか公共料金を集金し、それでの補助金で温泉旅行に行っていたモンだ。

今は面倒くさいので殆ど銀行の自動振替に変わってしまっている。

ますます、お隣さんと疎遠になる時代がやってきた感じがする。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 11:39Comments(0)いろいろ

2006年02月20日

カクテルドレス選定

21794.jpg今日は、娘の結婚式用のカクテルドレスを見に行ってきた。

結婚式はまだ先だが、選定するのには時間がかかるらしい。

本人の希望より、母上の希望、姉上の希望と周りがとにかく賑わう。

案の定、今日は女性陣に囲まれての第一回目の選定会議である。

そう言えば、長女の時も何度か足を運んだ気がする。
最終的に、着たドレスは、最初の物ではなかった。

今日は、平日でもあるのに、同じ時間帯に4組も競合した。
皆さん、喜々として着ている人、深刻に考えている人、様々であったが婚礼の日までの時間がなせるわざであろう。

エレベータの中に、朝の連ドラである「風のハルカ」の結婚式の写真が飾ってあった。
娘が結婚式を挙げる教会と系列の教会が湯布院にあるそうだ。
そこでハルカの結婚式が行われたそうだ。4月1日の放送だそうで、相手は秘密だそうだ。たぶん・・・

久しぶりに、ブライダルサロンに行ったが、若いのは良いね〜

もう一度、あのころの年代に戻りたい物である。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 20:08Comments(0)いろいろ

2006年02月19日

兄弟会

原鶴温泉で兄弟会を開催した。

家内の方の兄弟会である。

法事とか、子供の結婚式では逢うが、行事が済めば皆さん帰ってしまうのでなかなかゆっくりと話しをすることが出来ない。

昔は、いとこ会を開催していたが、これも子供達が大きくなってきたりしてなかなか皆さんが集合できなくなり、開催されなくなった。

6人兄弟だが、半分が還暦をすぎ、今からは毎年開催しようと言うことで第一回目が開催された。

父は25年前に他界しているが、母は89歳で元気そのものである。
肌の色艶も良いので、まだまだ元気ある。

僕が一番元気が無いような感じである。

ホテルは結構広いので、フロントに楠間椅子があったので使用した。

車椅子は、先日の病院に行ってから、味を占めての使用である。

しかし、車椅子を使用すると、そのホテルのお客に対応する姿勢がチェック出来る。東横インではないが、施設、教育は完璧であった。

朝食はバイキングなので料理を取って来ねばならない。
家内が料理は取ってきたが、コーヒーが飲みたかったので、車椅子から立ち上がりコーヒーを取って来た。

たまたま従業員が見ていて、ニセ車椅子だとばれてしまい、苦笑い。

靴での歩行はよいが、スリッパとか草履での歩行は外れそうで難しいのである。

昔ばなし、子供のこと、孫のこと、・・・で話し込み、気がつけばAM2時
楽しい一泊旅行であった。

全員元気で参加できるのは、後何回かな〜。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 11:03Comments(0)いろいろ

2006年02月15日

年賀状の当選者

年賀状の当選者で、幸運者が続出している。

先日は、富山の方が18枚(?)の中で一等を2枚出した。
確率は、1億分の1だそうだ。

先日、実家(臼杵)の法事の席で、臼杵にも1等から4等まで当たった方がいるという話しをしていた。

今日のニュースで、商品の授与式があっていた。
一等はなんと書き損じの葉書であったそうだ。

世の中には幸運な方がいる。
ジャンボ宝くじに当たる人、景品に当たる人、抽選に当たる人・・・・・

我々は車にあたる(ぶつかる)ぐらいである。

我が家の年賀葉書の当選は最高で切手シート5枚程度である。
ちなみに今年は2枚だけであった。

1〜4等に当たった人は、郵便局勤務で、真面目にやってきた報償であろうと言っていた。

自分も真面目にやってきたんだがな〜。

真面目さが足らないのかも知れない。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 18:09Comments(0)いろいろ

2006年02月14日

トリノオリンピック

トリノのオリンピックが開催され数日経つ。

時差が8時間あるのでライブで見るのは真夜中である。

ノーマルヒルのジャンプは、丁度トイレに起きたとき始まっていたので見た。1回目を見てメダルの可能性が無いのを確認して寝た。

昨夜は、金メダルに一番近いと言われているため、9時に仮眠し11時半から見た。これも1回目を見て寝た。案の定4位が最高。

このままでは、今回のオリンピックはメダルゼロかも知れない。

事前の情報では、凄いようだが、始まってみると世界との差は歴然である。
ハーフパイプ、ノーマルヒル、スケート等メダルの期待があった割には!!

昔は、実力はあるけど本番に弱い日本人だったけど、リラックスしているが実力が出せない(実力がないのかも)日本人、リラックスすぎて真剣勝負になってない? すら感じる。

4年に一回なので、選手はそれなりに頑張っているとは思うのだが、やはりメダルに手が届かないと物足りない。

ある方が言っていたが、「底辺が広くないと頂点は高くならない」と。

正にその通りである。

これから出場する選手、頑張って欲しい。

今からのスケジュールでは、フイギヤースケートの自由演技ぐらいがライブで見るくらいか?  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 08:48Comments(0)いろいろ

2006年02月13日

病院の続編

最近、法事が多い。

先日、家内の父の25回忌、私の母の三回忌、今度は父の十七回忌である。

今度の連休で法事を終え、病院に見舞いに行ってきた。

三日目だが、結構元気であった。

相変わらず、血管が細く、点滴用の針が入らずに看護師さんが苦労していた。

ここの病院は、皆さん若い。殆どが35歳までのように見える。頭髪の薄い方を一人見たが、事務方らしい。

担当主治医は「愛」ちゃんである。オペ前に説明をするので、部屋に入って待っていたが、看護師さんが説明するのかな?と思ったら医師であった。
整形外科で、こんな華奢な体で大丈夫かなと思うぐらいである。

話してみると、なかなか面白い先生で、説明も明快であった。
NECの医療システム、画像システムも導入されていたので、脳梗塞の画像を見せてと言ったら、すぐに見せてくれた。

麻酔科の先生の説明もあった。

この先生も女医さんで「まちゃまちゃ」そっくりである。
思わず吹き出しそうになったが、先生の方は真剣である。同意書にサインが必要なので、私の姉が増井なので麻酔のサインをしましょうかと言ったらにらまれた。

手術室から出てくるときのベットを押していた看護士さんは、前の病院で担当であった方がこの病院に勤務していた。

なんやかんやで、結構楽しいスタッフにての病院生活なので一安心した。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 12:58Comments(0)いろいろ

2006年02月10日

久しぶりの車椅子

姉が大分の病院に入院している。

昨夜、急にTELがあり、本日手術することになった。
1月中旬に脳梗塞で倒れ、右大腿部を複雑骨折していた。
頭も落ち着き、やっと手術が可能になったそうだ。

立ち会いの為、急遽病院まで駆けつけた。一人で行ったため、病院は広いので車椅子に乗った。5年ぶりに乗ったが、上手く動かない。変な音がする。
何と、パンクしているではないか!!。
別な車に乗車したら、これはスイスイ行く。手術の待ち時間も何もすることがないので、フロアー一周の時間測定などして時間を過ごした。

この病院は県立病院なのに実に朗らかである。
看護士、医師も若く結構冗談も通じる。
一つだけ通じなかったのが、点滴の針がなかなか刺さらず、血管を探していた。亘鍋家は血管を探さないといけないのが欠陥だ、と言ったときのみである。

周りが明るいと患者さんも明るい。
手術の立ち会いに9人きてきた家族は、手術室に入る患者に声もかけれない状態だった。
その時、本人曰く。頑張ってらっしゃい!!。
これには、参りました。多分、元気になるでしょう。

あちこち車椅子で散策していたら、受付のフロアーに受診者満足度調査をしていた。記入場所は選挙の倍くらい。

今からは、患者を大事にしないと病院も倒産する時代である。

先読みがキチットできているな〜と感じた次第。
こんな病院なら、親族を任せられる。

明後日にも見舞いに行くので、続編をお楽しみに。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 20:57Comments(0)いろいろ

2006年02月08日

チンドン屋

今日の日経文化欄に、海を渡ったチンドン屋の記事があった。

大学で軽音楽をやっていて、チンドン屋とのふれあいがあり、起業して22年目だそうだ。
現在、全国各地で活躍しているチンドン屋で、大学卒は結構多いらしい。

実は、私も学生の頃チンドン屋をやっていたので懐かしくなった。

きっかけは、学生寮で酒を飲んでいた時の話しで、先輩からチンドン屋が出来るかとからかわれた。そんなモンは簡単、いつでもOKと宣言してしまった。その直後、チンドン屋から翌日のアルバイトのTEL。

言ってしまった以上は断れず、翌日チンドン屋の開始である。
ずぶの素人なので、先頭に立って、のぼりを持って音楽に合わせて踊れと指示された。

午前中は、前夜の酒が残っていて結構派手に踊ったらしい。
しかし、午後になったら酒も冷め、恥ずかしいやらで小さくなっていた。

午前中の踊りが評価され、それ以来4年間、チンドン屋にお世話になった。

その当時、デパートでの一日アルバイトが330円の時代である。
チンドン屋は、朝、昼の食事付きで800円であった。時には夕食もご馳走になったし、一升瓶も貰って帰っていた。

主に、スーパーの開店、パチンコ屋の開店が多かったが、9時半からの店の前でやり、着替えて2時限目の授業を受け、昼にまた店の前でジャジャン。

結構面白い商売であった。そんな意味で、学生時代お小遣いには不自由しなかった。

九州一円の出張もあり、乗っていたバスが火災になったり、宿泊先でのダンスパーティに参加したり、楽しい思い出がいっぱいである。

4年生の最後に記念に富山の全国大会にエントリーしたが、急病で生けなかったのが残念であった。

この頃に培ったノウハウが、今でも生きているような気がする。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 16:58Comments(0)四季こもごも

2006年02月06日

次はチャングム食品か

今日の日経産業に掲題の記事が載っていた。

韓国ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」を毎週欠かさず見るという医師や医療関係が多いと聞く。
患者との雑談や助言のヒントになる事が多いそうだ。

私も、昨年末の特集で後半を見た。
毎日2話、2時間なのでこんなのは見られないと思っていたが、何気なしに見たらはまってしまった。

現在は、金曜日の夜にあっているそうで、家内達は真剣に見ている。

最初は、チャングムはきれいだな〜とか思ってみていたが、登場する薬膳や漢方、運動療法等を見ると東洋医学のすばらしさがあると感じた。

私も発病後5年を経過するが、目に見えての改善は見あたらない。

チャングムに処方して貰って、運動療法をすればすぐにでも治るような気がする。

残念ながら、それらしい医師もPTさんも近くには存在しない。

せめて、効果のあるチャングム食品があると良い。

一兆円の市場規模があるらしい。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 10:29Comments(0)四季こもごも

2006年02月06日

宮崎キャンプ

ソフトバンクホークスの宮崎キャンプに娘達は行っている。

毎年行っているようだが、今年は日月だそうだ。

昨日の第一クルー終了では、21500人も集まったそうだ。
我々の若い頃には、西鉄全盛時代があったが、キャンプまで見に行くような事はなかった。
キャンプには、野球解説者が行ってネタを仕入れてくるぐらいだった。

今日はオフなので、同じホテルに泊まり、色んな選手とプライベートな写真を撮ってくるそうな。

確かに、ダイエー→ソフトバンクになっても、女性不安が結構多い。
営業が上手いんだろう。

オープン戦チケットも人気の巨人戦、阪神戦を入れて7試合で1万円という情報がダイレクトメールで来る。

これも、一度球場に行って見るとやみつきになるらしい。

われらオジンは、家でビール飲みながらの観戦が最高である。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 09:18Comments(0)いろいろ

2006年02月04日

新旧女王対決

東レパンパシフィックで、新旧女王の対決でヒンギスが完勝した。

4年ぶりに復活したヒンギスは、パワーテニスのシャラポワを完全に翻弄した。腰を落とし、角度をつけ、見事なボールのコントロールだった。

女子の選手で、しかも相手が185cmあるのにロビングも使い、完全にシャラポアを翻弄していた。
松岡修三の解説では、今はパワー全盛のテニスが主流だが、やはりテニスは頭の(頭脳)の競技だなと言っていた。

試合としては、6−3、6−1と一方的であったが、非常に面白い試合であった。
しかも、美人対決で最高であった。

私も、この病気後に2回ほど杖をついてネット際に立ってボレーをしたことがある。
今日の試合を見て、自分も力一杯、フルスイングでラケットを振り回したい心境である。

昔は、スマッシュでラケットを叩き折った事もあるし、コート横の独身寮の窓もたたき割った(へたくそ故に)こともある。

そんなパワーテニスがまたしたくなった。

リハビリにガンバロ〜と。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 15:52Comments(0)いろいろ

2006年02月03日

今年初めての文化街

昨日は、メッセージ21の交流会が開催された。

1月15日のイベントの慰労会、新年会を兼ねての開催であった。

平日なので、参加者が少ないのではと懸念していたが、23名の参加があった。
新しく入会したメンバーもあり楽しい一時であった。

二次会は文化街にある,SUDO BARである。
ここは、昔からある。マスターから久しぶりだねと言われたので、そうですね、大東和戦争以来だねと冷やかした。若かりし頃行っていたそのままのウエスタン調が残っている。
金額も安い。7人で11000円だった。カラオケも歌ってである。

ストレスは余り無いが、時には飲みに出るのも良いモンだ。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 08:55Comments(0)その他、何でもかんでも