プロフィール
株式会社NABE Consulting
株式会社NABE Consulting
株式会社 NABE Consulting 代表取締役
 コンサルティング事業部
 建築事業部



株式会社 九州電話通信機 代表取締役
 ドコモ事業部
 インテリア事業部

各社コンサルティングからドコモショップ経営、ネットでインテリア販売。
年齢に似合わず、色んな分野に進出中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2007年06月29日

早速の外出

手摺が設置され、自宅内は快適になった。

それではと、早速外部の手摺効果を見るべく外出してみた。

運転練習もかねて、神代病院まで行ってみた。
御挨拶をせねばと、1Fのパワーリハビリを訪問し、今後のことを相談した。
どうも、介護保険でリハビリができそうだ。
先生も2Fから降りてきてくれ、短期デイケアーなるものを説明してくれた。市の指導員の方とプランを立てねばならないそうだ。

デイケアーというとお年寄り(自分も年取ってはいるが)と、一日暮らす感覚があるが、短期デイケアーは1時間程度で、PTさんも個人レベルで付いてくれるそうな。

早速手配して、7月からは通えるようにしよう。

二度目の運転であったが、違和感が無かった。馴れていこう。

車を降り、玄関までたどり着くのに今回設置した手摺の出番だ。
やはり、スムースな移動が可能だ。
玄関の鍵の開閉も、手摺を持って充分にできた。

雨の日はちょっとしんどいけど、通常は大丈夫が確認された。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 15:22Comments(0)その他、何でもかんでも

2007年06月28日

手摺が付いた

39309.jpgやっと自宅に手摺がついた。

介護保険の認定で、補助金が出るのである。

玄関までの段差、玄関、洗面所、お風呂、トイレ、二階への階段と色々つけた。

当初の計画と、実際に設置するとは微妙に異なってくる。
退院して2週間強、何もなくて生活をし、それに対しての手摺となる。

最初は横が良いかな〜と考えていたが、縦の方が力が入りやすいケースが多い。
自分の場合は、現時点では立ち上がる時の足に負荷がかかるので、これをサポートすればOKなのだ。
そんな意味で、結果的には4本を縦に設置した。

早速の実験である。

実にスムースに立ち上がれる。外出もOKだ。

外出するときは、玄関に鍵をかけたり、車までの移動が不安だったが、非常にスムースにできるようになった。

さあ〜、明日から車に乗ってリハビリでも行って見るべ〜。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 17:23Comments(1)その他、何でもかんでも

2007年06月23日

MRIの結果

先日撮ったMRIの結果を聞きに大学病院に行った。

結果はきれいなものであった。

前回の塞栓術をしたときは、画像上に残っていた。
しかし、自覚症状、及び歩行は良くなっていたので良しとしたが、結果的には5年後に再発した。

今回はきれいなので、その部位での再発は無いとのことである。
あとは、神経の回復を待つのみである。

しかし、いつ行っても大学病院は患者が多い。
午前中は雨が降っていたので、午後2時頃行った。まだまだ午前中の患者が一杯である。
何と僕は最後の一人で、終わったのは6時過ぎであった。

今までは、トレーナーばかりであったが、久しぶりにズボンを履いてみてびっくりした。
何と、だぼだぼである。入院前は殆どのズボンはきつくて困っていた。

体重が入院時は73.5kgあったが66kgまでになっている。
それと共にウエストも細くなったのであろう。

今の状態では、メタボの心配も無くなったが、リバウンドに注意しなくては!!。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 10:02Comments(0)その他、何でもかんでも

2007年06月22日

久しぶりの運転

車の運転をした。

実に7ヶ月振りである。

先週、期限切れであったが、ゴールド免許を再発行して貰っていたが、まだ怖くて乗っていなかった。

最初は、息子にでも同乗して貰い広場か何処かで練習をと考えていたが、息子も忙しいらしい。

車に乗って、アクセル・ブレーキの練習でもしようかと思い車に乗った。
座席を合わせ、ハンドル、ルームミラー等を合わせていたら乗ってみる気になった。
我が家の駐車場は入口がせまく、私の車はギリギリである。
何とか道路に出た。近くを一周しようと県道まで出た

走り出すと思ったより怖くない。
ハンドルさばきは何ともないが、どうもブレーキが気にかかる。
農道に入り、60km出してブレーキ操作をしたが問題なし。
今後、行こうと思っているリハビリ病院の近くまで行って来た。

何せ、昨年のタンクローリーの側面に衝突した記憶がよみがえり、ついついブレーキを踏んでしまう。

初回のせいでもあるが、アクセル・ブレーキ操作がぎこちない。

もう少し練習して、10分、30分、60分と連続運転ができるようになろう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 08:59Comments(0)その他、何でもかんでも

2007年06月21日

着々と準備

介護保険による住宅改修で手摺を設置する予定だ。

今日は担当者が来てくれて、手摺の位置、方向等を決定した。
流石に専門家である。自分が考えていたのと異なるものを提案してくれた。

現状の段階で、実際に風呂にい入ったり出たりのシミュレーションをしたら、こちらのやり方の方がやりやすいとアドバイスしてくれる。
やってみるとなるほどそうだ。

業者の方も来てくれて、手摺の色も決定した。

やはり、環境が全て整わないと、動き回るのは不安である。

退院して一週間経過するが、自宅で一人は退屈である。

早く、車に乗ってドライブとかリハビリとかに活きたいものである。

ちょっと車の運転練習でもしてこよ〜と。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 16:08Comments(0)その他、何でもかんでも

2007年06月20日

田植え始まる

昨日より、筑後川からの取水が始まったようだ。

毎年の如く、我が家の西側に小さな滝が出現する。
マイナスイオンを発生させ、時には涼しい風も送ってくれる。

全国的に小雨傾向で、渇水の危険が叫ばれているが、ここ筑後平野は無縁のようだ。

取水に呼応して、あちこちでトラクターのエンジン音が響いてくる。

つい先日は、病室の窓から麦の収穫のあとの、麦わら焼きで一面煙で曇っていた風景を眺めていた。

季節は確実に進んでいるようだ。

今年は酷暑との予報が出ているが、余り暑いのは困る。
早めの対応で、エアコンを新品に取り替えた。

回りに広がる田んぼが演出してくれる、天然水冷の気持ちよい温度で過ごしたいものである。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 10:43Comments(0)その他、何でもかんでも

2007年06月19日

介護保険の認定

やっと本日、介護保険の認定がおりた。

要支援2だ。

これにより、住宅改修費の支援、通所リハビリが受けられる。

まずは住宅改修だ。とは言っても手すりの設置である。
入口の段差、玄関からの段差、トイレ・風呂、二階の階段等である。
最新のクネットというくねくね曲がった手摺を設置する。
結構高くて、相当の手出しが必要になるであろう。

通所リハビリもTELしたら、前の通りのパワーリハビリをしているそうだ。
まずは運転の練習を少々して車で通うとしよう。

昨日からヨガマットとボールを探し出し、ストレッチをしてみたがなかなか大変だ。
リハビリ病院ではみんながしているので、結構続けられたが、一人でしているとむなしいものである。
テレビを見ながらでも続けていくとしよう。

早めの暑中見舞いで退院報告をしていたら、早速遠来の友よりTELがあった。嬉しい物である。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 15:50Comments(0)その他、何でもかんでも

2007年06月18日

父の日

17日は父の日だ。

退院祝いもかねて、子供、孫が全員集合した。

新聞によると父の日を祝ってくれるのは非常に少数派だそうだ。
僕の場合、元気なときからプレゼントを貰っていて幸せ者だ。

今年のプレゼントは、ベルト、ウエストポーチだ。
外出するのに必要な品物を選んで貰った。
家内からは、シャープが誇る37インチの亀山モデルの液晶テレビだ。
大変盛り上がり、久しぶりに心地よい酔いで昼寝をしてしまった。

退院して一週間、やっと家庭での生活に慣れてきた感がある。
免許更新、MRI撮影、買い物と色んなイベントもあったが、ようやくペースが掴めて来つつある。

あと残っているのが手摺の設置である。
これは、補助金制度があるとのことで介護保険の認定申請中である。
申請して一ヶ月経つが流石お役所仕事、現在持って音沙汰無し。

完全自立のためには、玄関先の段差解消、風呂・トイレの手摺があれば万全である。
退院後すぐに梅雨に入り、玄関先は滑りやすい。ちょっと怖いのである。

今週はお役所もあてにできないので、少々危険でも外出練習に入るとしよう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 09:02Comments(0)その他、何でもかんでも

2007年06月15日

期限きれ免許更新

昨日は免許更新に行ってきた。

入院していたので期限が切れ、期限切れの更新である。
事前に確認し、医者の診断書、住民票、等を準備し、息子に連れて行って貰った。
試験場は結構広いので、二本杖の歩行は大変であろうと、折りたたみ椅子の持参である。
ところが聞いてみるものである。何と車椅子があるそうだ。
頼んだら奥の方から持ってきてくれた。
更新に来る人、職員の人も車椅子の人は珍しいらしく注目の的である。
安全協会から来たハガキを持参していたので、通常の更新と間違われ少々無駄な動きもあった。

問題は車椅子に乗った人が改造車等の条件無しで免許更新が出来るかである。
早速、係官による適正相談が始まった。
問診は上手に答え、無条件で交付して貰う作戦である。
しかし、そう簡単にはいかない。運転席みたいなところに乗り、実際にクラッチ、アクセル、ブレーキの操作だ。
最初はアクセルからブレーキに足を移しているつもりが余り動いていなく同時に踏み込む。
これはまずいな〜と思い、何せ半年ぶりの操作なのでと口でカバーしながら動かし続けた。
この動作に係官が同情してくれたのか、今後のリハビリを頑張ると言うことで条件無しで合格した。

車社会で免許を持たねば行動範囲が限られてくるのだが、何とかクリヤーすることが出来た。
病院のリハビリ室の片隅で、中くらいのボール2個で踏み込みのトレーニングをした効果が出たのであろう。

今度の試験場で感じたことがいくつかある。
通常更新の方はスムースな流れをしているように見えたが、僕のような特殊なケースでは、みんながバラバラの対応である。
6番にいけ、行くと8番だとか、誰がなんと言おうが無条件で3番に行きなさいとか。
車椅子に乗っていたので、その姿を見て各自判断しているようであった。
極めつけは、最後の講習であるが、今回はゴールド免許なので30分の講習で良いはずだ。
30分講習用のピンクの札を貰っていたが、2Fの1時間講習に行けとの指示。
エレベータを探し2Fへ。受付に行くとこれは違うという。係員が確認しに1Fへ。
やはり1Fの30分講習だとのことで移動。
安全協会の人、公安委員会の人、警察の人(?)、色んな人が自分の解釈で動いているように感じた。
それにしても車椅子の準備は良い。前回の時は一本杖であったが非常にきつかった記憶がある。
惜しむらくは、入口あたりに常備されていると非常に安心だ。
車椅子が必要で免許更新の人は自分専用を持っているだろうし、車椅子に乗っての車の運転は出来ないだろうし。
僕の場合は珍しいケースなのであろう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 17:42Comments(1)その他、何でもかんでも

2007年06月13日

娑婆初日

さ〜、今日から通常の日々の始まりだ。

まずは整理整頓からと言うことで、デスクの回り、パソコンの回りの整理である。

やはり半年のブランクがあると結構不要なものがたまっている。

心機一転、この際すてちまえ〜と随分とすっきりした。

午後からは最後の仕上げとなるMRIを撮りに大学病院に行った。
かって知ったる検査室まで行き、30分程度の撮影をした。
今回の機械はやけに喧しく、ヘッドホンをしていたがうるさかった。
内容が異なるのか、医療費が上がったのか倍の負担金であった。

今日は九州北部梅雨入りをした。
僕が退院をするのを待っていてくれたのであろう。
降るべき時期に降らねば、渇水の恐れがある。

明日は大雨でなければ免許更新にでも行ってこよう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 17:46Comments(0)その他、何でもかんでも

2007年06月12日

退院したぞ!!

本日(6月12日)やっと退院しました。

今回は、久留米大学病院、柳川リハビリテーション病院に合計半年と3週間入院していました。

お陰様で、歩行以外の体調は十年来ではベストに回復しました。
歩行はあとぼちぼちと上手になるでしょう。

退院記念に、柳川名物“柳川ビビンバ”を食べてきました。
ウナギのせいろ蒸しをビビンバスタイルにしたものです。
食べ方は、櫃まぶしみたいに、最後はお茶漬けです。
病院食を食べ続けていたので、味が濃すぎてびっくりした。これが娑婆の味と食べたが、半分食べるのがやっとだった。

今回の長期入院中は、週に2回孫が見舞いと洗濯に来てくれた。
その孫の御礼に、早速トイザらスにおもちゃを買いに行った。
半年間での孫の成長はびっくりするものであった。

さあ〜、明日からは自宅での生活が始まるが、馴れるのに時間がかかるかも知れない。
病院では結構自主トレとか検温とかで時間がつぶれていたが、自宅ではキチッとしたタイムスケジュールで動かねばダラダラになりそうだ。
自宅自主トレ、通院リハを上手に運用し、まずは体を慣らしていこう。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 16:00Comments(1)その他、何でもかんでも

2007年06月02日

退院間近!

6月になった。

入院して半年を経過したのだ。

当初の予定では、昨年の娘の結婚式が終わり、年末までかな〜。
冬は寒いので、冬眠をかねて入院し、啓蟄ぐらいに出てこようかと思っていた。

ところが、現実はなかなか思うようにならない。
最終的には、法律で決められた最終日程で病院を追い出されるハメになった。
自分が思っている体力と、実年齢の体力には相当のギャップがあった。
これが俗に言う“加齢・・・”である。

なるほど。結果論から考えると半分になっている。
即ち、現在の2〜3日が若い頃の1日である。

しかし、日数はかかったが、随分と昔に戻ったし、副作用として、その他の病気や検査値の異常値がほとんど正常に戻った。

ある意味では、歩行を除くと、10年以上若返った気がする。

リハビリ病院だが、老人病院みたいにお年寄りが多い。

最近はPTさん、OTさんを目指す若い学生が沢山実習に来ている。

娑婆への復帰を目指し、この若い学生諸君から“精気”を吸い取っている。

もう少ししたら、満タンになるので、退院だ!!  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 20:37Comments(1)その他、何でもかんでも