プロフィール
株式会社NABE Consulting
株式会社NABE Consulting
株式会社 NABE Consulting 代表取締役
 コンサルティング事業部
 建築事業部



株式会社 九州電話通信機 代表取締役
 ドコモ事業部
 インテリア事業部

各社コンサルティングからドコモショップ経営、ネットでインテリア販売。
年齢に似合わず、色んな分野に進出中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2017年01月29日

とんでもないことに!

足のカガトの異常に気が付いて丁度1ヶ月経つ。

これが治らない。

加齢のせい。糖尿病のせい、動脈硬化のせい・・・

全部複合して影響している。

まず、でかいマメをつぶし薬をつけていた。

周囲は徐々に回復したが中心部がなかなか良くならない。

これは血行不良のせいだと、循環器でカテーテル検査したが問題ない。

そこで、形成外科で、中心部の所謂カサブタなるものをはぎ取った。

縦4.5、横5.0 約1.0陥没。

博多駅前道路の陥没事故より小さい。

自分では傷が見えない。

そこでカメラにとって初めて見た。

傷口はまさに牛肉のステーキ(赤味)状態だ。

通常なら、ものすごく痛いはずである。

ナイフで一肌はぎ取られた状態である。

所が、下半身の神経が鈍くなっているので、この痛みが脳に通じない。

神経ブロックしているようなものだ。

この傷に、最新式の器具を取り付け、出てくる体液を吸収し、治癒を早めるそうだ。

こんな状態なので、歩いてはいけない、横になっておけである。

会社もリハビリにも行けずとにかく大変だ。

最低でも1っヶ月は横人間になろう。

ビジネスは、我が家の第2オフィスですることにした。

それではお休み。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 10:39Comments(0)その他、何でもかんでも

2017年01月23日

最近は散々!

ここ数日は散々である。

土曜日は透析の日だ。

通常通り起きて、パソコンへ。

椅子に座ったと思ったら、その瞬間ドデ~ンと転倒。

椅子から滑り落ちた感覚。

臀部を強打、仰向けに落ち、最後に頭を床に。

こうなったら、甕と同じ何も動けない。

息子に助け起こしてもらった。

首が痛い。 鞭打ちみたいな感じだ。

湿布をはり透析へ、首を回すと痛い。

1日我慢をしたら、随分と回復した。

翌日曜日、機嫌よく起き、朝食を食べた。

ソファーで横になりテレビを見ていた。

10時ごろから突然の悪寒。

相当な震えが来て全身がくがく。

12時頃には39,3度まで上がった。

ベットで寝ろうと立ち上がろうとした。

両足の膝、足首に全然力が入らない。

そのうちにソファーからずり落ちてしまった。

車いすを持ってきた、息子に抱えて乗せてもらった。

車いすからベットねの移動もままならない。

何とかして、解熱剤を飲み頭を冷やした。

このころから震えがとまり、落ち着いてきた。

5時からは錦織の試合がある。

車いすに移動し、そのままテレビ観戦  3時間。

熱も37.2度まで下がった。

翌朝は36.5度と平熱に戻った。

何だったんだろう。

インフルエンザ?

風邪の症状は全くなし。

高熱時間も7時間ほど。

今回初めてであったが、高熱が出ると体が全く動かなくなることだ。

リポビタン等のタウリン1000ミリグラムを飲むと、下半身に感覚がなくなる。

これと似たような症状である。

多分、高熱で、痛めている脊髄の神経が反応したのであろう。

現在は、歩行も少しできるようになった。

足の傷から入院、カテーテル検査、転倒、高熱・・・

これは春から縁起が悪いの~

気合を入れなおして、元の体調に戻さねば。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 18:41Comments(0)その他、何でもかんでも

2017年01月19日

85点でした!

昨年末から、左足かかと部分に創傷が発生した。

毎日付け替えをしたがなかなか完治しない。

動脈硬化による血流が悪くなり、それが治癒を送らせている原因がという。

それで循環器の外来でCTを撮り、下った正式病名が

≪閉塞性動脈硬化症 重症下肢虚血≫であった。

ほっておくと、糖尿病特有の≪壊死≫に至り足首から切断の可能性ありと言われた。

すわ~ これは大変!。

すぐさま予約を取り、カテーテルにて全身の血管造影、治療を行うことにした。

内容次第では数か月を要するとも言われた。

17日、10時に病院に着き、準備して11時より血管造影開始。

カテーテルの処置は2度ほど経験しているの何でもない。

今回は、カテーテルを使いながら血管造影なので、CTとの組み合わせみたいなものだ。

まず心臓関係で狭窄が起こってないかの検査。

3~5分で終了。

それから右足、左足の順番で検査。

合計30分ぐらいで検査終了。

止血に20分ぐらいかかった。

終了後、大きな狭窄は見つからないし、治療しないといけない点は特別ない。

総合点で言えば、85点です。

15点減点は、長年の喫煙、飲酒によるもので、これに加齢が加わる。

72歳で見れば、立派な合格点であった。

下肢の凍傷は、専門医が来て表面を引っ剥がした。

あとは外来でいいでしょうとのこと。

ということで、本来なら日帰りということだった。

もう1日いて、ここで透析を受けて帰ってきた。

月単位の入院を覚悟して、荷物をいっぱい持って行ったが拍子抜けした。

全身の血管検査ができて、結果が良かったので本当によかった。

あと残っているのは、脳の検査だ。

機会があったら検査しよう。

この調子なら、しばらくは生きさせてもらえそうだ。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 09:51Comments(0)その他、何でもかんでも

2017年01月06日

今年もよろしく

新年あけましておめでとうございます。

今年は4日から仕事始めです。

早速、今年の示達会を朝礼で実施。

決算に向けての準備も開始した。

正月は天気も良く、温かい気候で過ごしやすかった。

本日もポカポカ天気。

久しぶりに高速で大宰府、都市交で千早まで。

久しぶりの福岡は、どこがどこかわからなかった。

昨年末、痛めた左足くるぶしあたりの≪まめ≫もようやく治ってきた。

歩行をしていないのと、動脈硬化で欠航が悪くなり、治癒が遅れている。

来週は循環器で検査をしてもらう予定だ。

正月早々、またまた病院通いである。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 16:12Comments(0)その他、何でもかんでも