プロフィール
株式会社NABE Consulting
株式会社NABE Consulting
株式会社 NABE Consulting 代表取締役
 コンサルティング事業部
 建築事業部



株式会社 九州電話通信機 代表取締役
 ドコモ事業部
 インテリア事業部

各社コンサルティングからドコモショップ経営、ネットでインテリア販売。
年齢に似合わず、色んな分野に進出中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年11月28日

カガトもうすぐ完治

昨日はカガト治療の通院日だ。

7月にオペをし、9月に退院。

やっと12月になったら完治の予定までこぎつけた。

しかし、入院中に貰ってきたお尻の褥瘡はまだまだ先が長そうだ。

毎日、訪問看護士による治療も続けている。

毎週火曜日に通院しているが、昨日は受付でびっくりする対応を受けた。

受付で、カードを提出した。

すると予約が入っていませんと言う。

通常なら、何かの誰先生ですか? とか

新患ですか? と

受付のお局さん、何の機嫌が悪かったのか、のたまわく ≪何の用事ですか?≫

診察カードを提出して、何の用事はないでしょう!。

娘が対応していたので、あきれて何も言わなかったそうだが、自分だったらこう言う。

≪火葬場の順番を取りに来たんですが、何番目でしょう!≫

この病院に入院しているときも、ナースコールを押した。

通常ならどうされました、と言って看護師がやってくる。

若い看護士が、えらい剣幕で≪ナースコール押した?≫ と、けんか腰で入ってきた。

用があるから押したんだ、 なったから来たんだろう。 喧嘩腰のものをいう輩もいる。

ま、沢山の看護師もいれば、事務員もいる。

2~3人の非常識な物言いをする従業員によって、病院全体こんなバカばっかりと思われる。

最近、このような経験で腹が立つケースが多い。

お蔭で、血圧も上昇気味。  先般も200アップをした。

もっと穏便に、ゆっくりした日々を送りたいものである。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 16:22Comments(0)その他、何でもかんでも

2018年11月14日

久しぶりに風邪をひく

ここ1週間、何となく鼻水が出る。

インフルエンザの予防接種をしてからかな~

ここ数年、風邪らしいものは引いたことはなかった。

バカは風邪をひかないというけれど、やっとバカからの脱出が出来たのか?

足の傷はめきめきよくなっている。

どうかすると、リバーテープでも良いくらいに縮んできた。

しかし、お尻の褥瘡は一向に良くならない。

やはり、圧がかかるからであろう。

傷が良くなったのは、コラーゲン入りのゼリーを毎日食べている。

美容にも良いそうで、ひざとかつるつるになってきた。

いずれは、頭頂部までつるつるになるかも。

何でもいいから、今年中には全て完治して欲しいもんである。  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 16:08Comments(0)その他、何でもかんでも

2018年11月05日

今年中には快癒かな?

2回目のオペから退院して2ヶ月経つ。

今回は、お尻に褥瘡をもらい、苦慮している。

そのおかげというわけではないが、訪問介護を受けている。

週1回の外来受診、透析時の治療、訪問看護で四日間。

お蔭で、カガトの傷は随分と小さくなってきた。

傷の内部からの肉芽の盛り上がりである。

褥瘡はどうしても患部に圧がかかるので、なかなか進展しない。

しかし、コラーゲン入りのゼリーを補助食品として食べるようになり、スピード感が出てきた。

この調子だと、年末には完治するかもしれない。

これはいいのだが、年金関係でお役所仕事で参っている。

久留米の年金事務所は、従業員一人の株式会社に対して、事業所認定を強力に進めている。

仕方なく応じたら、老齢年金中止、基礎年金のみになった。

期間は1ヶ月で速攻であった。

そこで、障害年金を復活しようと申請した。

障害年金をもらっていない期間が長かったので、再申請せよとの事だった。

診断書を取り6月に申請。

11月になっても(6か月経過)音沙汰なし。

診断書1枚での判定である。しかも前は認可され受給していた。

これこそ典型的なお役所仕事である。

久留米の年金事務所に問い合わせると、書類は東京に送っている。

それだけの返事である。

年金ダイアルに電話してみた。

申請した事務所に聞いてみれという。

書類は東京に送っているとの話をしたら、混んでいるのであろうという。

何人で審査しているの?   何件審査待ちがあるの?   解りません。

この調子では、認定が下りるのが早いか、俺が死ぬのが早いかどちらが早いと思う?

失礼でっすが何歳ですか?    心の中ではあなたが死ぬのが早いでしょうと言わんばかり。

厚生大臣にでも電話してみようかと言ったら、無言。

これでは年金事業も成り立たなくなるだろう。

俺が早く死ぬ前に、対策を考えよう。

良いこともあれば、癪に障ることもある。

これもまた人生。
  

Posted by 株式会社NABE Consulting at 17:22Comments(0)その他、何でもかんでも