プロフィール
株式会社NABE Consulting
株式会社NABE Consulting
株式会社 NABE Consulting 代表取締役
 コンサルティング事業部
 建築事業部



株式会社 九州電話通信機 代表取締役
 ドコモ事業部
 インテリア事業部

各社コンサルティングからドコモショップ経営、ネットでインテリア販売。
年齢に似合わず、色んな分野に進出中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2018年05月28日

年金

4月に年金事業者に認定された。

前々から知ってはいたが、従業員は自分一人なので放置していた。

ところが、年金機構から呼び出しを食らう。

規定通り事業者に認定。

73歳なので、年金の納付は免除される。

しかし、年金の受給は基礎年金のみになる。

されば、障害者年金への切り替えを申請に行った。

もう辞退して15年経過しているので、再審査が必要だという。

診断書の再提出が必要になってくる。

オペした先生は、大学病院でえらくなっていて、診断書なんかとても面倒だ。

ならばと、透析通院中の病院にも整形外科がある。

ここで書いてもらおうと思い、尋ねると、単純ではなさそうだ。

医師が書くところと、リハビリに先生が書くところがある。

前の大学病院では、整形の医師がすべて書いてくれた。

今は、書く能力がないのか、勉強していないのか、分業制が徹底しているのか?

ま、とにかく診断書を取得するのに一苦労する。

年金機構での話によると、現状の自分の状態は、加給(等級のアップ)になるらしい。

しかし、それも65歳までに申請しないと認定が不可らしい。

なるたけ、支給の増加はしない方針だそうだ。

こんなものくそくらえと、支給を辞退できるほど、収入を上げるか!

車椅子生活では、そこまでの行動力はない。

時間をかけて、診断書取得に頑張ろう。、、

同じカテゴリー(その他、何でもかんでも)の記事
集中豪雨
集中豪雨(2018-07-07 19:13)

またまた入院
またまた入院(2018-07-04 19:19)

結婚式
結婚式(2018-06-27 17:46)

プロの仕事
プロの仕事(2018-06-22 15:38)

お笑いを1席
お笑いを1席(2018-06-08 15:59)

逆走!
逆走!(2018-06-04 15:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。